TOP > SUDA MADE > Ninja250SL > Ninja250SL フロントフォーク仕様変更

制作日誌

Ninja250SL

Ninja250SL フロントフォーク仕様変更

2019.05.16


長らく更新が途絶えておりましたが、
相変わらずSLで楽しくトライをしています。

s_IMG_3121.jpg
今季のタイヤはα14、ちなみに昨年度はPOWER-RSを履いていました。
さらにその前はスーパーコルサ。
今までは、ずっと110/70と140/70の組み合わせでしたが、
今回のα14は、リヤに60扁平を履いてみています。
(狭いリムに140を履かせる影響かと思いますが)
バンク時のリヤが高くバランス的に少し不安定なフィーリングが気になりはじめたので、トライです。


お仕事の隙間に、フロントフォークのモディファイをしました。

s_IMG_3123.jpg7.5N/mmのフォークスプリングを使用していて減衰(ダンパー)が足りないので、
左のように内部の仕様を変えています。
SLのフォークは、オリフィス埋めにカートリッジエミュレーターを付けても、
フワフワ&ヒョコヒョコした動きがまだまだ取り切れません。

内部構造を確認し、今回は、白いところをワンオフ。気密性を上げるトライをしました。

今度は、同じ10Wのフォークオイルでもシットリ感がでてきました。
(若干効き過ぎか?)

動きすぎる車体をなだめる量が少なくなって、
ロードホールディングも妥協できるレベルでありますように・・・。



弊社のオフィシャルアカウントでFacebookのファンページや、Twitterでクイックな情報発信、
YouTubeで動画、Flickerで静止画をご覧いただけます。
SUZUKIファンはこちらもご覧ください。ドクターSUDAのスズキバイクショップページ
ホームページに掲載前の予告など早めにご覧いただけますので是非こちらもご覧ください。



次の制作日誌を表示 >

< 前の制作日誌を表示

コメント

コメントする